綾織保育園

〒028-0532 岩手県遠野市綾織町下綾織且の鼻37-36
TEL 0198-62-2812 FAX 0198-62-2812

MAP

うんとこしょ!どっこいしょ!?

2019.05.07

こんなことがあったよ!~遊びの中でのエピソード~

 

ぽかぽかと暖かい春の陽気の中、2歳児のAくんが園庭の片隅にある畑の土をシャベルで掘っていました。すると、昨年度栽培した野菜の残りの枯れた茎を発見。

『なにかあるぞ!』

 

Aくんは『う~ん…う~ん』と力を込めて茎を引っ張ります。しかし中々抜けず…。保育士が『抜けないね~』と声をかけると『おじいさん、呼んでくる!』と言ってどこかへ行ってしまいました。

しばらくして一人で戻ってきたAくんはまた『う~ん!う~ん!』と茎を引っ張ります。

保育士は、A君は自分のお家にいるおじいちゃんを思い出し、“おじいちゃんなら抜ける!”と思ったのか?それとも自分がおじいさんになりきっているのか…?そんなことを思いながらAくんの様子を見守ります。

 A君はまだ『う~ん抜けない』と茎を引っ張ります。保育士が『どうする?』と声をかけると、今度は『おばあさんがやってきます!』とAくん。

むむむ?これはもしかして“おおきなかぶ!?”

Aくんは“おおきなかぶ”をイメージしながら茎を引っ張っていたんだな~と気づき、保育士は『うんとこしょ、どっこいしょ』と声をかけました。

う~ん…抜けないな…

 

するとその様子に気付いたBくんがAくんにつながり、一緒に『うんとこしょ、どっこいしょ』と引っ張り、『抜けないね…CちゃんとDちゃんも呼べばいいんだ!』と、とっても楽しそうな子ども達でした。

掘ってみよう!

 

子ども達は、イメージを膨らませながら、身近にあるもの(玩具など)を様々な物に見立てたり、何かの“つもり”になってごっこ遊びを楽しんだりしています。

イメージを膨らませる事は、想像力や創造力、社会性などの育ちにつながっています。

 

子ども達の遊びの中には、様々な育ちにつながる種がた~くさん転がっているのですね♪

 

 

Copyright © 社会福祉法人遠野市保育協会All right reserves.

このページの先頭へ