子育てワンポイント

~手をつないで~

2024.02.15

 今年は驚くような暖かさのなか立春を迎えました。一面真っ白な雪の景色を見ることはほとんどなく寂しい冬でしたが、木々や植物が芽吹き、小春日和の匂いに包まれると、ちょっと外に出てみたくなります。そんな時は、子どもと手をつないでお散歩に出かけてみましょう。「手をつなぐ」ことには嬉しい効果があります。子どもは親の大きな手に包まれながら愛情と共に頼もしさを感じ、何があっても守ってくれる存在として信頼をおくようになります。そして、安心感に満たされ、心穏やかに過ごすようになります。一緒に歩くことで正しい交通ルールを学ぶ経験もできますね。また、相手の歩調で歩くことで、人のペースに合わせることも自然と身に付きます。
親は手をつなぐことでたくさんの愛情を伝えることができます。そして子供の成長や変化を感じることができます。「大きくなったな」「握力が強くなったな」「元気がないな」「いいことでもあったのかな」など・・・。
いつか自分の手を離れていく日が来ます。案外、その日は近いものです。(小学校に入ると、もうあっという間・・・)だから、できるだけ触れ合える機会を大切に、たくさん触れ合ってください。
「手をつなぐ」幸せな時間を存分に味わってほしいと思います。

子育てワンポイント

Copyright © 社会福祉法人遠野市保育協会All right reserves.

このページの先頭へ